水は人類にとって最もありふれた液体であり、基本的な物質である。また、人が生命を維持するためには必要不可欠であり、さまざまな産業活動にも不可欠の物質である。
 古代ギリシャではタレスが「万物のアルケーは水」とし、エンペドクレスは四大元素のひとつで基本的な元素として水を挙げた。古代インドでも五大のひとつとされ、中国の五行説でも基本要素のひとつと見なされている。18世紀の後半まで、洋の東西を問わず人々はそうした理解をしていた。それが変わったのは、わずか二百年ほど前のことで、19世紀前半、ドルトン?ゲイリュサック?フンボルトらの実験が行われアボガドロによって分子説が唱えられたことにより、H2Oで表すことができる水素と酸素の化合物と理解されるようになったのである。
 常温常圧では液体で、透明ではあるが、ごくわずかに青緑色を呈している。 日常生活で人が用いる コップ1杯程度、あるいはバケツ、風呂程度の量の水はほとんど色は出ないので、水の色は「無色透明」と形容される。あるいは詩的な表現では、何かの色に染まっていないことの象徴として水が用いられることがある(ただし、これはメタファーであって、物理学的な言葉の使い方とは異なる)。しかし、海、湖、ダム、大きな川など、厚い層を成して存在する大量の水の色は青色に見える。このような状態で見える水の色を、日本語ではそのまま水色と呼んでいる。
 水は基本的に無味、無臭である。
 化学が発展してからは化学式 H2O で表され、水素原子と酸素原子は共有結合で結びついている、と理解されている。
 また水は、かつて1kgや1calの単位の基準として用いられた。
 すべての既知の生命体にとって、水は不可欠な物質である。生物体を構成する物質で、最も多くを占めるのが水である。核や細胞質で最も多い物質でもあり、細胞内の物質代謝の媒体としても使用されている。通常、質量にして生物体の70% - 80%が水によって占められている。人体も60%から70%程度が水である。
 地球表面、特に海洋に豊富に存在する。水は人類にとって身近であり生物の生存に必要な物質であるが、宇宙全体で見渡してみると液体の状態で存在している量は少ない。
 現代の人類の水の使用量の約7割が農業用水である。現代の東京の家庭での水の使用量を多い順に並べると、トイレ、風呂、炊事となる。


無駄にならないサイトはこちら」:
物語や伝説などにおける石たち
石は生物ではない。また、木などに比べ、硬いという性質から変化の少ないものと捉えられる。しかしながら、物語において石は、夜泣き石のように泣いたり、子を産んだり、成長したりと様々な面を持っている。君が代の中にも、「さざれいしのいわおとなりて」(さざれ石が大きな岩となって)と石が成長する様が描かれている。
 また、メデューサ神話に見られるように、人が石になったという物語も数多く伝わっている。
 このほか、特殊な性質を持つ石(主に宝石)には神秘的な解釈が付きまとい、近代の例に於いてもホープダイヤモンドのように伝説に彩られた「石」も存在するが、その一方で殺生石のように有害なガスの噴出するところにある石(岩)が「妖怪の祟り」などの伝承を生んだりもしている。



より面白いサイト はこちら:
機械部品としての石たち
機械や装置の機能や性能を語る上で「n石」として表現する場合がある。機械式時計の性能を表すのに、歯車の軸受けに使われる宝石の数を示して「17石時計」や「21石時計」のように呼んでいる。これは耐摩耗性に優れ高い硬度を示す結晶から削り出された軸受けを使うことで、長期間の動作によっても精度が変化しにくいことを表す目安となった。ちなみに多く使われるほど時計の耐久性が向上するのだが、基本構造において手巻き腕時計では17石、自動巻腕時計では21石を使っていれば十分な性能を発揮する[1]。なおアナログ式クオーツ時計においては可動部が少ないため、石の数は機械式時計に比べて少ない。
 また半導体を使う製品では、古くよりラジオなどの性能を表すのに真空管の本数を示して「5球ラジオ」のように呼んでいたことにならい、トランジスタラジオなどの性能を示すのにトランジスタの個数を示して「5石ラジオ」のように呼んだ。トランジスタの原料であるシリコンが石英や長石と同じ珪素化合物であることも関連している。ICをそのまま「いし」と読んだものとの説もあるが、IC登場以前から「石」という俗称はあった。余禄として、真空管ラジオ以前に利用された鉱石ラジオでは分波のために鉱石をひとつ使うが、これは様々な代用品が使われることもあった。
 なお現在でも古くからパーソナルコンピュータ(PC/AT互換機)などを扱っていた人の間で、ジャーゴンとしてCPUやGPUなどを石と称する場合がある。

無駄にはならないサイト はこちら:
石と信仰
日本の神社には、通常の神とは石が祀られていることが多い。夜泣き石など特殊な伝説が伝わるものの他、陰陽石といわれる男女を表す石のこともあり、これとよく似た方向性にはシヴァ?リンガのような陽物崇拝がある。また、イギリスのストーンヘンジやストーンサークルなど、多くの文化において境界を表すものとして石がおかれている。
 石は古く人間の一生というタイムスケールの中では、意図的に壊そうとでもしない限り、大きな変化の起こらない、より長い時間を存在する存在だと考えられてきた。このため石は永遠性の象徴として崇められ、民俗学上ではこういった思想が世代を超えて受け継がれる原始宗教と結びついていったとも考えられている。
 この方向性には、不老不死に憧れを抱いた者の中に鉱物を永久不変の元として捉え、それら鉱物から「不老不死のエッセンス」を抽出すればいわゆる「不老不死の薬」が作れると考えた者もいた。こういった者の中には不老不死の妙薬として、鉱物から抽出される水銀を服用して中毒死した者も記録に残されており、また錬金術において不老不死研究の過程でも、少なからず鉱物に永遠性の象徴を求めていったケースが見られる(→水銀)。
 なお石を信仰する過程で、石仏など石を信仰するための形に加工することも行われたが、流石に石といえども風化は免れず、古くから信仰を集めた石が長年にわたる浸蝕で文化財としての価値を減じている場合もあれば、置かれている環境の変化にもよって風化が急速に進行したケースもあり、文化財保護の上で大きな課題ともなっている。

オススメサイト はこちら:
土壌
土壌は、岩石が風化して生成した粗粒の無機物(一次鉱物)やコロイド状の無機物(粘土鉱物あるいは二次鉱物)、生物の死骸などの粗大有機物、粗大有機物が微生物などの分解者の作用などによって変質して生じる有機物(腐植)などを含む。
土壌の固体成分は粗に充填されているため、土壌は多くの間隙を持つ。土壌中の間隙は、土壌溶液と土壌空気によって満たされている。土壌溶液の主成分は水であり、この水に水溶性の塩基や有機物などが溶解している。土壌空気の主成分は二酸化炭素、窒素および水蒸気であり、酸素濃度は大気と比較して低い。土壌の間隙には、多くの微生物や動物が生息しており、土壌生物と呼ばれる。
土壌を、構成成分である粒子の大きさによって定義する場合には、粒径が2mm未満の粒子のみを土壌と定義し、2mm以上の粒子を礫(レキ)や粗大有機物などとして除外する。土壌の粒子は、互いに凝集した団粒構造をとることが多いため、粒子の大きさを測定する際には、土壌を多量の分散媒に懸濁させて団粒構造を破壊する必要がある。



より面白いサイト はこちら:
土壌層とは
土壌は、その構成成分の供給と消失の様式により、土壌層が積み重なった形状を示すことが多い。土壌層とは、土壌への物質の供給と消失の様式によって形成される平行な境界を持つ層のことである。
 例えば、土壌の表層部に植物遺体などの粗大有機物が集積する場合には、この表層部はO層(Organic層)と呼ばれる。O層の下部には、粗大有機物が分解あるいは溶脱されて生じた黒色の層(A層)が観察されることが多い。また、有機物に由来する黒色化が不十分で、風化が進行した鉱物質の層はB層と呼ばれ、風化が十分に進行していない岩石層(母岩)はC層などと呼ばれる。
 土壌層は、土壌を分類するための重要な指標とされている。


あなたのみんなにお勧めする素晴らしいブログ:
土壌生物のこと
土壌の中には、多数の生物が住んでいる。その多くは土壌中にのみ生活しているものである。
 動物の場合、これを土壌動物という。大きいものではモグラやミミズ等が穴を掘って生活しており、中型~小型のものには落ち葉や土の間に生活する昆虫やダニなど、小さなものでは落ち葉表面の水に生活する原生動物などが含まれる。
 微生物も重要である。カビやキノコなどの菌類、細菌類といった土壌微生物もきわめて多数生活している。土壌中の従属栄養性の微生物は、生物遺体や排泄物あるいは有害な有機化合物等を分解して、二酸化炭素や水などに変換し、大気や地下水などへ放出する。土壌には、植物の根と共生して養分を供給する菌根菌や根粒菌などが生息し、植物の生育を支えている一方、動植物の生育を阻害する多くの病原微生物も生息している。
 これらの生物は堆積する植物遺体の分解や、土壌の撹拌をすることで、土壌の形成に大いにかかわっている。

無駄にはならないサイト はこちら:
腐植土のこと
腐植土とは、森林生態系において地上部の植物により生産された有機物が朽木や落葉・落枝となって地表部に堆積し、それを資源として利用するバクテリアなどの微生物やミミズなどの土壌動物による生化学的な代謝作用により分解(落葉分解)されて土状になったものである。腐植土は厳密には土ではない。一般には腐葉土(ふようど、英: Leaf mold)と呼ばれる事が多い。
 また、地盤及び建築の観点からを説明すると『腐植土』は、大きな川や湖の水性植物などの有機物が分解して土壌と混ざり合ってできた暗褐色の土のことで、土質分類上は、有機土質に区別される。 普通の土は、固体・液体・気体の三相構造から成り立っているが、有機質土では、固体の部分が粘土や砂といった土粒子の部分と水性植物などの有機物が混ざり合って成り立っている。 その為、有機質土は、一般に含水比が高く、小さな荷重に対しても圧縮性が非常に高いため、地盤沈下に対する充分な注意が必要である。例えば、造成工事をしたり、建築物を建てる場合には、適切な地盤改良を行う必要が有る。地盤改良
 その名の通り腐敗しているので色は黒っぽい。しかし、不快感を持つようなにおいは無く、山林に入ったときと同じような香りがする(カブトムシの匂いと例える人もいる)。
 長い月日をかけて自然が作り出す天然の肥料で、植物の栽培や昆虫の飼育に適した堆肥である。山林に行けば手に入る土ではあるが、一般的には園芸店などで袋詰めで普通に販売されているため都会でも手軽に手に入れることが出来る。

2014 年に最も人気のあるブログ:
太陽 神話信仰
 太古の時代から、太陽を人格として捉えた太陽神は世界の多くの神話・伝承などで最高神などとして描かれることが多く、太陽崇拝の対象であることも多い。その性質も、昼夜を分け世界を統治する男性神でもあれば、植物を育て恵みを与える女性神として考えられることもあった。月とともに普遍的な太陽神についての誕生や成立に関する説話は世界各地にある。

2014 年に最も人気のあるブログ:
月 古代ギリシア
古代ギリシアの人々は、月をすでに観察していて、月食が起きるのは満月の時であること、また月食時に月の表面に丸い影が徐々に現れることを観察して、それらのことからその影というのは自分たちの住む地の影で、地は球体であると推定したといい、アリストテレースの時代(紀元前4世紀ころ)には、その知識はギリシア世界では広くゆきわたっていたという。
 古代ギリシアから中世にかけての宇宙論。(ペトルス・アピアヌス画、アントワープ、1539年)
アリストテレースも地球の周りを月、太陽、および他の惑星が回っているという宇宙論を説いた(地球中心説)。

より面白いサイト はこちら:
月 ヨーロッパの伝統文化
 古来より月は太陽と並んで神秘的な意味を付加されてきた。ヨーロッパ文化圏では太陽が金色・黄色で表現されるのに対し、月は銀色・白で表されることが多い。西洋では月が人間を狂気に引き込むと考えられ、英語で "lunatic"(ルナティック) とは気が狂っていることを表す。また満月の日に人狼は人から狼に変身し、魔女たちは黒ミサを開くと考えられていた。

あなたのみんなにお勧めする素晴らしいブログ:
月 東洋の伝統文化
 中国の伝説では、月には桂の木が生えているとされ、呉剛という男が切ろうとしているとも言われる。また、夫の羿を裏切った嫦娥の変じた蝦蟇(ヒキガエル)が住んでいるともいわれる。そのほか、中国でも月の模様をウサギの姿とする見方がある。また、月の通り道にそって28の星座を作り、これを「二十八宿」と呼び、月は1日にこの星座を1つずつ訪ねて天空を旅していくと考えられていた。
 東洋では月は陰の象徴となり、女性と連関すると考えられていた。故に月経と呼ばれた[要出典]。 


もっと面白いウェブサイト多分あなたはそれを愛する:
月 日本の伝統
 『古事記』では黄泉の国から戻ったイザナギが禊を行った時に右目を洗った際に生まれたツクヨミ(月読の命)が月の神格であり、夜を治めるとされている。同時に左目から生まれたのがアマテラスで、太陽の女神である。
 『竹取物語』では竹から生まれた絶世の美女かぐや姫は、月の出身と明かし、月に帰っていった。他に、『今昔物語集』の天竺部に記されている「三獣、菩薩の道を修行し、兎が身を焼く語(こと)」という説話の結末で、帝釈天が火の中に飛び込んだウサギを月の中に移したとされており[33]、日本では月にはウサギが住んでいるという言い伝えがある(なおタイには、月の町と呼ばれるチャンタブリー県があり、その県章には月とウサギが描かれている)。

あなたのみんなにお勧めする素晴らしいブログ:
空 般若経の空
 『般若経』が説かれて初めて大乗仏教の根幹をなす教えが完成した。その中で空が繰り返し主張されている(ただし、『金剛般若経』のような最初期のものと見られる般若経典には、「空」の語彙は出て来ない[3])。その原因の一つは、この経典を編纂した教団が批判の対象とした説一切有部の教えが、存在を現に存在するものとして固定化して観ずることに対して厳しい否定を表し、一切の固定を排除し尽くすためのことであろうと考えられる。『般若経』の空は、このように全ての固定的観念を否定することを主目的としている。
 『大品般若経』では「空」を「諸法は幻の如く、焔(陽炎)の如く、水中の月の如く、虚空の如く、響の如く、ガンダルヴァの城[4]の如く、夢の如く、影の如く、鏡中の像の如く、化(変化)の如し」と十喩を列挙して説明している。 さらに空を分類して、内空・外空・内外空・空空・大空・第一義空・有為空・無為空・畢竟空・無始空・散空・性空・自相空・諸法空・不可得空・無法空・有法空・無法有法空の十八空(経典によっては二十空)を挙げ詳説している。

無駄にはならないサイト はこちら:
空 龍樹の空観
この空の理論の大成は、龍樹の『中論』などの著作によって果たされた。 龍樹は、存在という現象も含めて、あらゆる現象はそれぞれの関係性の上に成り立っていることを論証している。この関係性を釈迦は「縁起」として説明しているが、龍樹は説一切有部に対する反論というスタンスを通して、より深く一般化して説き、関係性に相互矛盾や相互否定も含みながらも、相互に依存しあっていることを明らかにした。これを空もしくは「空性」と呼んでいる。
 さらに、関係性によって現象が現れているのであるから、それ自身で存在するという「ユニークな実体」(=自性)はないことを明かしている(最高の仏である如来だけがしかし、「自性輪身」〔三輪身の一つ〕)と呼ばれ、自性であるとされている)。これを以て、縁起により全ての存在は無自性であり、それによって空であると論証しているのである。龍樹の空は、これにより「無自性空」とも呼ばれる。
 しかし、これらの関連性は、現象面を人間がどのように認識するかということとは無関係のものである。これを人間がどう認識し理解して考えるかについては、直接的に認識するということだけではなく、人間独自の概念化や言語を使用することが考えられる。龍樹は、人間が外界を認識する際に使う「言葉」に関しても、仮に施設したものであるとする。
 『大品般若経』の中に以上の内容が含まれているため、龍樹自身がこの経典編纂に携わっていたのではないかという説もある。
 『中論』は、俗諦(世俗諦)と真諦(勝義諦)いう2種の真実があるとする二諦説を述べる。前者は言語によって概念的に認識された相対的な世界であり、後者は直接認識された非相対的な世界である。言葉では表現できない釈迦の「さとり」は真諦であり、言葉で表現された釈迦の言葉を集めた経典などは俗諦であるとされる。
 さらに、龍樹は「無自性空」から「中」もしくは「中道」もほぼ同義語として扱い、釈迦の中道への回帰を説いている。

より面白いサイト はこちら:
仏教による空とは何か
 空とは、仏教の因果論の究極形であり、因果および因縁の複雑な連関である(したがって、空を理解するにはまず因果および因縁を理解する必要がある)。この世のすべての物事(色)は相互に因縁によって結びつき、ある現象を構成している。この因縁の関係性こそが「空」だという考えである。
 例えば、そこらの草木を建材として庵を結ぶ場合、庵は草木から作られ、さらに草木も微細に分解していくことができ、どこにも庵という現象は成立していないことになる。つまり、庵は「存在している」とも言えず、「存在していない」とも言えない。このような「有る」と「無い」の二つの極端を離れたあり方を空という。


あなたのみんなにお勧めする素晴らしいブログ:
空 概況
 地上にあって上を見上げたとき、そこに見えるものが空である。
 空の色は時間帯によって変化する。日の出時には赤色やオレンジ色に、昼間は晴れていれば青くて太陽が輝き雲は白く、曇りであれば空は灰色に、夜間は黒に見える。空は時間帯と天候で色が変化するわけである。(→#色)
 また、夜空は星が見える場でもあり、空気が澄んでいる場所であれば天の川の白く輝く帯が空をぐるりと横断しているのが見える。ノルウェー北部など緯度が高い地域では24時間太陽が昇らない時期が2カ月ほども続く。その寒い時期、人々はずっと夜空を見続け、再び太陽が昇る時を待つのである。そのかわり北極近くの地域は、オーロラの美しい緑っぽい光のカーテンが空にゆらめくのを見られる時もある。
 空と空以外が作り出す境界線を英語では「skyline スカイライン」と言う。空と海面や湖面との境界線を水平線、空と大地との境界線を地平線という。


もっと面白いウェブサイト多分あなたはそれを愛する:
仏教による空 類似の発想の西洋での芽生え
 仏教に遅れること千数百年以上になるが、20世紀に登場したソシュールの言語学に顕われた記号の捉え方が、仏教の「無自性空」にいくらか類似すると指摘する者もいる。それは、両者ともに存在論から離れていることによる。ソシュールは、記号の意味が差異の関係性のみによって成り立つとし、これを「虚定的、negatif」と呼んだ。この発想は評論家たちの考え方にそれなりの影響を与えた。縁起的成立にある無自性と虚定的対立にある無自性の間には、存在論からの乖離という共通性を上記のように見ると同時に、前者の無自性が無競合的であり、後者のそれが競合的であり且つ自性へ向かう動きにある、という相違性を見ておくのが妥当である。
 また哲学者の黒崎宏は、ウィトゲンシュタインが『哲学探究』において提唱した、「言葉の意味はその言葉が使用される“言語ゲーム”のルールによって規定されるのであり、同じ単語でもルールが異なれば全く別の意味を持つ」という「言語ゲーム」論と「無自性空」との類似を指摘し、『般若心経』、『中論』、『正法眼蔵』等の仏教典籍とウィトゲンシュタインの思想を比較研究する著作を発表している。

あなたの人生をもっと驚くべきにしたい場合、あなたはこのウェブサイトの歓迎:
コーティング選びのポイント
耐久性で選ぼう
無機質のガラスコーティングは、ポリマー加工とは比べ物にならないほど高い耐久性(数年単位)を誇っており、今ではカーオーナーにとって必須アイテムになりつつあります。
ノウハウがある店を選ぼう
どんなボディ状態の車でも、最適なコーティングを提供することができるか?
職人技で選ぼう
大切な車に長く乗っていくためには、信頼できるスタッフがいるかどうかが、重要なポイントになってきます。
アフターサービスで選ぼう
水洗い程度のメンテナンスで美しさを維持できるガラスコーティングですが、施工後のアフターサービスを活用するかで、耐久性は変わってきます。

オススメブログはこちら:
Tools to Tint Car Windows
Car and Home Window Tinting Guides
Best Window Tint Tools for Car
Window Tinting News
Tools to Tint Car Windows
車を丸ごと包み込むカーラッピング
お気軽に車をドレスアップできるカーラッピングって知ってますか?専用の特殊フィルムを使ったカラーメイク。それは現在、最先端のドレスアップです。 あなたの愛車を自由自在にチェンジ!
カー専用のフィルムで車体を丸ごと包みこみ、塗装するよりも簡単にボディ-カラーを変え、ドレスアップしてしまう今話題の最新技術である。そこで今回は、「カーラッピング」メリットを上げていこうと思います。

無駄にはならないブログはこちら:
Professional Auto Window Tint Tools Supplier
Window Tinting Tips
What Tools Do I Need To Tint Car Windows
Performance Tools Window Tint
Window Tint Tools Manufacturer
カーフィルム~フロント、フロントサイドは条件付き!
フロント、フロントサイドガラスにフィルムは貼ってもいいのですが、条件があります。それは「可視光線透過率70%以上」と言う条件です。この可視光線透過率とは、かんたんに言うとどれだけ光を通すか、と言ういことで、このパーセンテージが高い程光をよく通します。光を通す確率が上がると言うことはフィルムの色がおのずと薄くなる傾向にあると考えましょう。

ちなみに国土交通省が定めたこの可視光線透過率70%以上とはかなり薄い色です。一見フィルムなんて貼ってないんじゃないの? と感じる程の微々たる着色に感じるでしょう。その色ならフロント、フロントサイドに貼ってもいいとされています。これも安全のためでしょう。

何より大事なのは、人生を楽しむこと、幸せを感じること、それだけです。
tintingtool.en.ec21.com/company_info.html
esourcebook.net/china/guilin/glass-industry-supplier/martin-li
ecrobot.com/company/company_view.php?idx=1510269
worldbid.com/user/profile/27359
カーフィルム施工時にゴミを入れないコツ
フィルム貼りとは切っても切れない存在のゴミ。いくら掃除しても絶対に入ってしまうゴミ。クリーンルームのようなホコリがない場所にガラスを持ち込んで貼り付けないとゴミゼロにはできないと思います。

コツとは言えませんが、ある程度入ってしまったゴミは諦めましょう。場合によって は小さなゴミは貼り付け後に見えなくすることもできます。

どうしても入ってしまうゴミでも、その量を減らすことはできます。清掃時に使うプラヘラやゴムヘラ、柄付きヘラなどは、1行程毎に水の入ったバケツで水洗いする。フィルムを手で持つ前には、必ず指を水洗いする。フィルムを持つ時、持つ指は人差し指と親指の2本だけで持つようにする。それ以外の場所はできる限り触らないように。フィルム貼り付け時に内張などには絶対に触れないように気を付ける。

2016年に最も人気のあるブログ:
Window Tinting Tools
Vinyl Car Wrap Tools
Vehicle Vinyl Wrap Tools
What Tools Do You Need For Vinyl Wrapping
Tools Needed For Vinyl Wrapping
カーフィルムの貼り方:下準備
まずガラス表面を綺麗に清掃します。これは室内掃除用のガラスクリーナーなどを使用すればいいでしょう。十分綺麗にしてから作業開始です。念のためボディーや室内清掃しておくのもゴミが舞う心配が減るのでおすすめと言えます。掃除が終わればあとは貼る作業に移りましょう。接着するガラス面にスプレー液を十分掛けます。このとき少し多目を意識して掛けれることがコツです。

それと同時に指先も濡らしましょう。そうしないとフィルムの糊面に指紋が付く可能性があります。そして上から下へと保護フィルムを剥がしていきますが、下部の5センチほどは剥がさずに残しましょう。そして糊面にスプレー液をたっぷり掛けます。十分濡らしたらまた保護フィルムを元に戻しましょう。

いちばんの勇気は、いつの日も自分らしく素直に生きること。
Bulk Tint Tools
Best Vinyl Wrapping Tools
Best Vehicle Wrap Tools
Carbon Fiber Vinyl Wrap Tools
What Tools Do You Need to Vinyl Wrap
車の内装を保護
残ったのりを剥がす際、中性洗剤を数滴垂らした水を霧吹きなどでスプレーし、スクレイパーで削っていく方法が一般的です。水を使うので、内装を保護するためのシートなどがあると便利です。

緑の部分がテープになっており、目的の場所に貼っていくと折りたたまれた透明部分が幅110cmに広がってテープから下を保護してくれる便利なグッズです。水をスプレーする霧吹きは100円ショップなどで売っているもので十分です。また、中性洗剤は家庭用の食器洗い洗剤を使います。

皆さんはこのブログサイトについて、どのようなお考えですか?
How to Use Tint Tools
Tint Removal Tools
Ebay Window Tint Tools
Tint Tools Online
Handy Tool Guides
カーフィルムを剥がすときに力を入れる方向
見ていただければ分かりやすいですが、カーフィルムを剥がすときに力を入れる方向は、ガラスと並行方向ではなく、斜め上方向です。ここで焦って急ぎすぎたり、角度が悪いとフィルムがちぎれる・のりが残るという散々な結果になってしまいます。ちなみに、動画のフィルムは非常に剥がしやすい部類に入ります。この程度のフィルム剥がしならご自分でやってもそれほど苦労はありません。

より面白いブログはこちら:
Where Can I Buy Window Tint Tools
Tools Needed to Apply Window Tint
Best Auto Window Tint Tools
Window Tinting Tools and Supplies
How to Use Tint Tools
違法改造にならないために知識をつけておこう
一昔前のコワモテの車と言えば窓ガラス全面に真っ黒いフィルムを貼るセダン、いわゆるフルスモーク(フルスモ)の車両が幅を利かしていました。一部の地方ではまだそういったアウトロー文化も続いているようですが、濃いフィルムを貼ることで視認性を悪くし事故のきっかけとなったことも事実です。それがきっかけで道路交通法により規制され、今では正しい知識もなくフィルムを貼ると整備不良や違法改造と見なされてしまいます。
しかし正しい知識を持ってすればそのようなことも避けられるのでここで少しお勉強しましょう!

もっと面白いウェブサイト多分あなたはそれを愛する。
Tips about Car Tinting and Wrapping
What Tools Do You Need To Tint
Vehicle Vinyl Wrap Informtion
Window Tinting Wiki
Best Window Tinting Tools
カーフィルムの種類
カーフィルムの種類:一体式
カーフィルムは大きく分けて二種類のスタイルに分かれます。まずは一体式。これは基本的にガラス一枚に対してフィルム一枚を貼り付けるタイプです。フィルム貼りを業者に依頼したときはこのタイプが一般的でしょう。仕上がりも境目がなく綺麗になります。ただしデメリットとしては曲面に貼り難い特性があり、あまりにガラスのカーブがキツイとシワが寄ったり、最悪は貼れない場合があるので注意が必要です。

特に経験の少ない人がDIYで一枚物を使おうと考えるのはあまりおすすめできません。特にガラスのカーブがキツイタイプではドライヤーが必要になるので電源の確保も問題になります。フィルムとガラスの隙間に空気が混入しやすい傾向もあるのでやはりテクニックも要求されプロ向けと言えるでしょう。

カーフィルムの種類:カット済み
カット済みフィルムは基本的には車種専用にカットされたタイプです。カットしていることで貼りやすさもあり曲面もスムーズにこなすことができます。しかしデメリットとしては大きなガラス面の場合は分割されていることが多く、歪んでしまったりすると繋ぎ目に隙間ができたり、二重になって筋が浮かんだりしやすい傾向にありますが、一体式に比べガラスの形に合わせて切ったりしなくていいので手間は省けますし、空気も入り難いのでDIY派にはおすすめです。

あなたの人生をもっと驚くべきにしたい場合、あなたはこのウェブサイトの歓迎~
globalcatalog.com/tintingtools.cn
tintingtool.en.ecplaza.net/
tradekey.com/company/TintingTool-Inc-10573038.html
tradetuber.com/TintingTool/TintingTool.htm
u=2078648258,1740627226&fm=23&gp=0.jpg
古来、風という言葉は眼に見えないものを象徴するためにも使われる。日本語でも意味深い言葉である。
空気全体の動きということで、全体的な雰囲気の方向のような意味で「風」という言葉が使われる例が多い。選挙において「無党派の風が吹いた」とか、「逆風が強かった」等という。また、芸術やファッションなどにおいて○○風(ふう)というのもこれに近い。
風は自然現象の代表的なものの1つであり、伝承や信仰において神格化されることがある。日本においては風神が例である。インド神話ではヴァーユが風の神であり、この影響を受けた仏教では天部の1人として風天が存在する。ギリシア神話ではボレアース、ノトス、ゼピュロス、エウロス(4人の総称がアネモイ)が風の神である。日本各地で伝承として伝えられている現象(妖怪)として、鎌鼬(かまいたち)がある。

2014 年に最も人気のあるブログ
Name
Email
Comment
Or visit this link or this one